今日紹介していく作品は、 RPGアツマールらしいネタ要素の強い作品、 『※このゲームはプレイできません』です。・・・