皆さま、初めまして。
この度、ツクール系のゲームを中心に
色々な作品のプレイ記録・感想・レビューを
行うことにしました、みなみよつばと申します。

ツクール歴は長いんですが、あまり作る才能がないので、
最近では少なくなった、感想とかレビュー、
プレイ中に感じた改善がほしい点とかを
ちまちま書いていき、実際に制作されている方の応援や、
新しくゲームをプレイしたい人が新しいゲームと出会えるような
読んで遊んで楽しめるサイトを目指していきたいと思っています。

まったりとお付き合い頂ければ、幸いです。

さて、第一作品目となる今回は、
「鍛冶屋のダンジョン」という作品をプレイしてみました♪

touziyanodanjon-000

ふりーむさんにて、ひろやんさんが2016年8月28日に
公開されたRPGツクール製の作品になります。

参照: 鍛冶屋のダンジョン ふりーむDLページ

たまたまツイッターでこの作品が公開されたことを
見かけまして、鍛冶屋×ダンジョンってなんだか面白そう!

と思ってプレイ始めてみました。
クリア時間はおよそ1時間です。

ストーリー&システム


それでは、まず「鍛冶屋のダンジョン」の
簡単なストーリーとシステムから紹介していきます。

touziyanodanjon-024

物語としましては、鍛冶屋のペトラの元に、
エルという男性が剣の依頼を行うことから物語は始まっていきます。

touziyanodanjon-001

だけど、ペトラさんの鍛冶屋さんはちょっと特殊。
なんと、ペトラさんとダンジョンをクリアすることで、
強さに応じた剣が生成されるという……

なんともめんどく……いえいえ、
冒険者の強さに反映された剣が手に入るという、
背丈に合う剣の提供を行う鍛冶屋さんですね。

touziyanodanjon-002

ペトラさんの説明では、敵を多く倒せば倒すほど、
良い剣ができるとのこと。

touziyanodanjon-003

てなことで、最初は鍛冶屋のペトラさんと、
勇者のエルくんで敵を倒しながらダンジョンを
潜っていくことがこの作品の大きな目的になります。

touziyanodanjon-006

最強の剣を作り出すという目的のために
重要なのが、敵の殲滅です。

敵とのエンカウントはシンボルエンカウントを採用。
各エリアで敵を倒しながら進んでいきます。

touziyanodanjon-005

戦闘はサイドビューのターン形式を採用しています。
シンボルエンカウントで戦闘に入った雑魚敵は逃亡不可、
かつ一度勝利した敵キャラクターは復活しませんので、
エリアにいるシンボルの敵を全滅しながら奥へと進んでいきます。

touziyanodanjon-010

なお、雑魚敵にやられてしまったり、
ザコを殲滅しないでボス戦に挑んだりしても、
ダンジョンから抜け出せますが……。

どうなるかは、上記画像から判断してもらえればと思います。

touziyanodanjon-015

逆に、しっかりと敵を殲滅してクリアできれば、
剣は完成、次のイベントへと進んでいきます。

戦闘自体の難易度は、少し若干シビアより。
回復ポイントがないので、ダンジョン内で手に入れた
限られた武器・アイテムを活用して敵を倒していきます。

中盤まではアイテムの余裕もあまりないので、
初心者はしょっぱなから魔法の使いすぎとかには注意!

RPG慣れしている人であれば、多少考えて戦えば
普通ぐらいの難易度かなぁ……というレベルのバランス調整になっています。

touziyanodanjon-020

ダンジョン攻略を進めていくと、エルくんは完成させた剣で
仲間も増やしてくれるので、ダンジョン攻略も人数が増えていきます。

そして、最強の武器を得たエルくんが再び訪れた時。
今度は通常の依頼ではない、あるお願いをされることになるのです。

その辺は、是非プレイして楽しんで頂ければと思います。

シンプルなストーリー&王道のダンジョン探索


簡単にストーリーとシステムを紹介したところで、
改めてこの作品の傾向や良かった点をまとめていきたいと思います。

まず本作品の傾向としては、
シンプルなストーリーと王道のダンジョン探索です。

touziyanodanjon-011

基本的にはシンボルの敵を全滅させて、
各ダンジョンのボスを倒すということを繰り返していきます。

ダンジョンをクリアしていくと簡易的なイベントが発動し、
仲間も増えていくという要素もあり、
王道的なダンジョン探索という印象が強い作品です。

touziyanodanjon-021

キャラクターは最終的に4人パーティ。
ダンジョン内での回復はアイテムor魔法に限られています。
そのため、アイテムでのみ回復できるMPを使って発動する魔法と
攻撃などを行うと回復できるTPで発動できる必殺技を使い分ける
戦略的な戦闘を若干意識していく必要があります。

バットエンディングは面白いけど、差分が欲しかった


もう一つ、面白いなーと思ったのがバットエンディング。

touziyanodanjon-010

ささっとクリアしましょーと思ってボスに挑んだら。
クリアはできたけど勇者死亡。

逆に雑魚的に負けても勇者死亡と。

ゲームオーバーになるだけかと思ったら、
テロップ形式のイベントが出てくれる点は面白かったです。

ただ、このイベントは1種類の固定っぽかったので、
ちょっとした差分は欲しかったなーとか思いました。

例えば最初のダンジョンでやられた場合は
最初のダンジョンもクリアできない=激弱なわけですから、
勇者はゴブリンにヤラれるような感じでジ・エンド。

終盤であれば、ある程度装備は整っているわけですから、
ドラゴンみたいな強敵に負けてジ・エンドになっちゃったなど。

失敗したパターンを描いているの自体は
面白かったので、色々な死亡パターンを用意して進度によって
ちょっとした変化をバットエンディングでも入れてくれると、
バッドエンドを見る楽しみも出て、コミカル感が出てよかったかも!

まとめ


剣を作り出すために鍛冶屋と勇者が、敵を殲滅しながら
ダンジョンを攻略するというシンプルなRPG。

剣を作り出すというおおまかなストーリーから
最終的には王道的な展開へと誘導しており、
バットエンディング的なエンディングを用意するなど、
ユニークなポイントも見える作品。

複雑なシステム等はありませんので、
短い時間でシンプルなストーリーが楽しめるRPGです。

ゲーム情報詳細


制作ソフト:
RPGツクールMV(DL形式)
作品の長さ:
短編
(管理人クリア時間:49分)
難易度傾向:
ふつう
制作者:
ひろやん さん
ダウンロードページ:
鍛冶屋のダンジョン ふりーむDLページ

この作品が好きなあなたへお勧めのフリーゲーム


準備中です。